Finjia

女性の薄毛対策にフィンジアがお薦めな理由!女性が使っても安全安心?

薄毛予防や増毛は男性だけの問題と思われがち。

でも、女性にも薄毛、脱毛症は発生します。

薄毛にお悩みの女性におすすめなのが、女性でも使える育毛剤・フィンジアです。

脱毛症は男性だけの病気じゃない!女性の脱毛症FAGA

女性にも脱毛症は起きるし、女性の脱毛症は男性よりも深刻な問題です。

実は薄毛に悩む女性は年々増加傾向にあります。明確なデータはないものの、その数は推計で600万人とも。

女性に起こる薄毛の原因として最も多いのが「FAGA」です。

女性特有の脱毛症「FAGA」とは?どうしてなるの?

FAGAはFemale AGA=女性のAGAを意味します。AGAは男性型脱毛症のことです。

女性に起きるAGAであるため「女性男性型脱毛症」などとも呼ばれています。

女性に発生するのになぜ男性型なのか?それは原因が男性ホルモンにあるからです。

女性でも体を支え、日常生活を保つための筋力は必要です。男性ホルモンは最低限の筋力を維持するために女性の体内でもわずかに分泌されています。

女性ホルモンが十分に分泌されていれば、男性ホルモンが過度に働くことはありません。

ところがなんらかの原因で女性ホルモンの分泌が減ると、男性ホルモンが過剰に働いて女性なのに男性型脱毛症になってしまうことがあるのです。

女性ホルモンが減る原因1:加齢

FAGAを引き起こす女性ホルモンの減少を引き起こす原因はいくつかあります。

加齢による女性ホルモンの分泌減少は、病気ではなく生理現象です。女性なら誰にでも起きること。

ただし、異常なレベルで分泌が減ってしまうとFAGAや骨粗しょう症などになりやすくなります。

女性ホルモンが減る原因2:ダイエット

ホルモンの原料はコレステロールです。

コレステロールは悪いイメージばかりつけられてきましたが、ホルモンの他細胞壁の成分でもあり、人体に必要なものです。

極端な食事制限などの過激なダイエットは、必要なコレステロールまでが体内で合成されにくくなるという意味でも危険です。

また、栄養バランスを考えない食事制限は、髪自体の原料であるタンパク質も不足してしまいます。

女性ホルモンが減る原因3:ストレス

女性ホルモンは主に卵巣から分泌されています。

ただし、卵巣が勝手に分泌しているわけではなく、脳の視床下部からの指令を受けてからホルモンをつくり、分泌しているのです。

視床下部はまた、精神的ストレスを受けた時に反応する部位です。

継続的なストレスが重なると視床下部に負担がかかり、正常な指令を出せなくなります。

女性の場合、必要な量の女性ホルモンが分泌されなくなるという影響があります。

薄毛専門医院でのFAGAの治療は?副作用があるかも?

FAGAは男性よりも患者数が少なく、また女性の中には、主に男性の脱毛症治療を行っているAGAクリニックに行きにくいという人もいるため、FAGAの治療はまだ確立されていない状態です。

現在病院で行われているFAGAの治療法は2種類です。

髪を育てる成分が配合されたパントガールを投与

男性のAGA治療には「プロペシア」という治療薬が使われます。これは、AGAの原因である異常に強くなってしまった男性ホルモンを抑制するものです。

しかしプロペシアは女性ホルモンの減少によるFAGAに使っても効果がありません。

現在FAGAに投与されている内服薬がパントガールです。

ただ、パントガールは髪に必要なカルシウムやタンパク質などを配合した薬品というよりはサプリメントに近いもので、根本治療にはなりません。

外用発毛剤ミノキシジルには副作用の心配があった

もう一つ、外用薬のミノキシジルを頭皮に塗る方法があります。

ミノキシジルは臨床実験によって確かな発毛効果があると認められた薬品です。

ところがミノキシジルは確かな効果がある反面、頭皮の炎症や倦怠感、頭痛などといった副作用があることも報告されています。

特に肌がデリケートな女性が使うには、ミノキシジルは強すぎる成分です。

女性の薄毛にも安心して使用できる育毛剤フィンジア

女性の薄毛対策に必要なのは、副作用がなく安全で、使っても肌にトラブルを起こさない育毛剤です。

その条件を満たしているのが、育毛剤フィンジアです。

イソフラボンで女性ホルモンを補うキャピキシル

育毛剤フィンジアの主成分はキャピキシルです。

キャピキシルは、アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド3というタンパク質を配合した成分です。

アカツメクサには、イソフラボンが多く含まれています。

大豆の成分としても知られるイソフラボンは「女性ホルモン様作用」つまり女性ホルモンと同じような働きをもっていて、女性ホルモンが減少した女性のFAGA対策に最適です。

イソフラボンが減った女性ホルモンのかわりに

FAGAが女性ホルモンの減少によって起こる脱毛症であることは上に述べた通りです。

女性ホルモンの減少は、男性ホルモンの活動を強めて抜け毛を促進させ、女性ホルモン自身が持つ髪の毛を作る働きも減ってしまいます。

イソフラボンは植物が持つポリフェノールの一種で、女性ホルモンのような働きをします。

男性がイソフラボンを摂りすぎると女性化乳房が起こるほどです。

キャピキシルのイソフラボンは女性がもともと持っていた女性ホルモンを補う成分なので、女性ための育毛成分として非常に有効かつ安全です。

効果3倍?ミノキシジルからできたピディオキシジル

フィンジアにはもう一つピディオキシジルという成分も含まれています。

実はピディオキシジルは、発毛薬ミノキシジルを一部改変し、ミノキシジルの効果は残したまま副作用だけ起こりにくくしたものです。

ピディオキシジルの開発元が行った試験によれば、ピディオキシジルは頭皮の発毛機能をミノキシジルの3倍活発にする効果があるとのこと。

ネットでは「ピディオキシジルはミノキシジルの3倍の効果」と書いたものを見かけます。こういう煽り文句はかえって怪しさを増します。

実際には発毛効果が3倍あるわけではなく、機能が衰えた発毛機能を活発にする力が3倍という意味。それによって育毛効果が高まるのです。

ピディオキシジルはまつげ美容液にも使われる

ピディオキシジルはまつげの美容液にもまつげを美しく育てる成分として配合されています。

まつげ周辺の皮膚は頭皮よりデリケート。そこに使う美容液に採用されているということは、頭皮に使ってもより安全であることを証明しています。

ピディオキシジルは、それだけ効果的でありながら肌には穏やかな成分なのです。

フィンジアなら妊娠期、授乳期の女性が使っても安全

女性の場合、妊娠中や出産後に一時的な抜け毛が起こることがあります。

そんな女性特有の一時的な抜け毛にもフィンジアは有効です。

妊娠~出産までの抜け毛もホルモンバランスが影響

妊娠から出産までの期間、女性の体内ではホルモンバランスが激変します。抜け毛もその影響により起こります。

ただでさえ不安定な時期に、抜け毛が起きてしまったら、気持ちの面でも不安定になってしまいます。

特に妊娠中のストレスは、母体だけではなく赤ちゃんの成長にもマイナスです。

一時的なものとはいっても、妊娠中や出産後の授乳期の女性の抜け毛ケアは非常に大切なことです。

妊娠出産による一時的な抜け毛もフィンジアでケア

フィンジアの公式サイトにあるQ&Aを見ると、フィンジアは女性でも使えると書いてあります。

でも、体の条件が普段と違う妊娠期、授乳期にも使っていいかどうかまでは書いてありません。

そこで公式サイトのメールフォームから問い合わせて見ました。

返ってきた回答は、

「フィンジアは天然由来の成分で作られているため、妊娠や出産の時期の女性がご使用いただいても特に問題はございません。もしご不安があるようであれば、一度医師にご相談いただいたうえでご使用ください」

ということでした。

フィンジアの配送は家族にばれにくい気づかい梱包

フィンジアは慢性的なFAGAのみならず、不安定な妊娠期や授乳期にも使える安全な育毛剤です。

でも、男性向けのイメージがある育毛剤を購入することに抵抗がある女性もいるかもしれません。

その点でも安心してください。

フィンジアは公式サイトからの通販でしか購入できない製品です。

フィンジアを注文すると、無地のダンボールに梱包し、配送伝票にも商品名を書かずに送られてきます。

だから育毛剤を買ったことを家族にもばれずに使うことができます。

薄毛にお悩みの女性はぜひフィンジアを試してみてください。